あっちこっちデイズ

毎日をごきげんにするためのメモ

相澤皮膚科レポート①

ニキビ治療中のおとめんまです。

ニキビとは、かれこれ15年近くのお付き合いとなっております…鼻の周りが赤くて顎や頬の外側にもポチポチと現れては消え、また現れの繰り返しでした。

20代になれば落ち着くだろう、さすがに30過ぎれば治るだろうという淡い期待も崩れ去り、皮膚科に行って、抗生物質とビタミン剤と硫黄の塗り薬やらダラシンゲルやらもらっても、その時はよくなってもまた繰り返す。

日々の生活習慣とか食事とかもちろん気を使っていても、毎日フライドポテト食べてタバコもばかすか吸って夜型なのにお肌ツルツルな子を見ては、関係ないやんけ!!!と思っていました。

半ば諦めていたころ、突然、私のこれってニキビではないのでは…?と思いました。

色々と調べていたところ、酒さという症状にかなり近い。はて、どうやって治療すれば?と思っていた時に出会ったのが、調布にあるニキビ治療で有名な相澤皮膚科でした。

 

すぐに電話したところ、明日空いてるよ!とのことだったので早速予約。(初診の方は予約が必須です!)

想像よりも混雑しておらず、問診票を書いてすぐに名前を呼ばれて先生の元へ。

「ああ、酒さだね」

・・・!!!!

やっぱりぃ!!!!

病名と症状の写真が印刷されたプリントをもらい、

「上から下にかけて良くなっていきます。下に行くにつれて時間かかるからね」

とのこと。ほとんど先生とは話さぬまま、今度はスタッフの方から、薬についての説明を受けました。

 

私が初診で処方されたのは以下。

3週間ぶん

 

飲み薬

芍薬甘草湯(ツムラの漢方68番)

②桂枝茯苓丸加薏苡仁(ツムラの漢方125番)

フラジール

④ノイタブル

 

塗り薬

⑤強力ダラシンローション

⑥夜用の緑のクリーム

⑦朝用のクリーム

⑧赤みクリーム

 

iPhoneの変換ですんなりでてきてビックリ…

リュックで行って大正解。漢方のボリュームがあるので、処方箋と思えない袋を渡されます。

 

恐怖の自由診療のお会計は・・・

12,000円ほど!!

 

噂の、夜用の緑のクリームがほんとに絵の具みたいな色で、寝る前の姿は(起き抜けも)誰にも見せられない…

 

病院に行った頃は、おでこも鼻周りも頬も顎も、顔中ニキビが出てたんですが、

1週間ほどで、だいぶ緑のクリームを塗る場所が減ってきて、クリームが終わる頃には塗るところもなくなってました!!

日中のテカテカが収まり、肌質もやわらかに。

 

時を同じくして、スキンケアもオルビスのクリアシリーズにラインで変更。

お手頃価格と、口コミの良さで決めたけどこちらも相まってか、かなり症状が落ち着いてきました!!

 

完治への道のり、またレポートしますっ!